2010年02月19日

小物に拘る

小物…と言っても、フォーク→ヘッドパーツ→と来たら、アンカーでしょ?

アンカーと言っても、最近のアヘッドはプレッシャープラグとしてほぼ標準化しつつある内圧による摩擦式アンカーがこれだけ採用されると、以前のスターファングルナットなんて何の事?と言われるだろうなぁ。


デカぁ…

コヤツをフォークコラムに突き刺して、フォークを固定するのだ。
内圧と摩擦で固定するプレッシャープラグに対して、くさびのように鋼材が撓みつつ内壁に食いつくのがこのスターファングルナット。
当然だが、ワンウェイで圧入したら最後、一生涯抜かない…というか、抜けない。

でも、鋼材の応力はかなり強いし、コヤツを圧入するのに専用治具を使ってハンマーで打ち込むので、カーボンコラム等だと割れる可能性かある。

そこで、内壁への応力を分散させて、低い圧力でも十分に固定が可能になるアンカーが生まれた。

hirameのマルチプレッシャーアンカー
ロレット加工されたピースを両側がら挟む事によって外方向に迫り出し、3分割されたピースがコラム内部を均等に掴んで固定される。ピースを纏めているのは細いコイルスプリング。芸が細かい。

これはTokenさんのプレッシャープラグ。
極めて似ているが、ロレット付きのピースを纏めているバンドがゴムリングになっている。

同じくTokenさんのプレッシャープラグ。
かなり偏った内圧を掛けるタイプなので、アルミコラム向きなのでしょうね。

して、これがDixnaさんのカーボンアンカーナット
ステムの締めすぎによる破損を内部から保護できるのがウリらしい。


結論から言うと、hirame買っておけば間違いない。なのでしょうね。
はい。ワタシもそう思います。

手作りのカオリがプンプン。作りが違いすぎます。
ゴムリングで纏めている製品は長いこと使うと、どうしてもリングが切れてボルトを緩めると中でバラバラになったりする。
過去一度体験済み…

めーど いん じゃぱん。日本の素晴らしき製品を堪能してやろうと思う。

posted by lantur at 21:50| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 物欲の虜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
位置が浅すぎるとヘッドが締まらずアンカーごと浮いてきますよ(笑)
Posted by LEMOND乗り at 2010年02月20日 22:20
ワテクシはスタファングルナットしか使った事ないです。
安いですから^^;
もっとも、カーボンコラムのフォーク持ってないんですけどw
Posted by ワニガメ at 2010年02月20日 22:26
>LEMOND乗りさん
hirameのアンカー使った事あります?

>ワニガメさん
スタ~ナットは打ち込むのが恐怖なんです。
後戻りできねぇぜって…ww
Posted by らんた at 2010年02月21日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック