2010年02月13日

憧れのバイク

このところ、自転車に対する姿勢というかスタンスというモノがかなり変わって来た気がする。

初心者に産毛が生えた程度の動きなのは今も変わらないのだが、走り始めたばかりのような何処へ行っても息も絶え絶え、足腰はフラフラ、膝もくるぶしも痛んで数日歩けない…そんな状況から少しは抜け出して来た気がする。

どんな自転車に乗っても、ある程度まとまった距離を走っても、ヘコたれない足が出来てきた気がするのだ。今なら、昔は諸般の事情が叶わずに断念した…憧れを手に入れられるかも知れない…。


そもそも、ワシには今のくろすけを買うに至った前に、妄想の中だけで乗り回してご満悦のバイクというモノが存在した。

LOOK KX

当時ラグと丸パイプの集合体だった自転車の概念を塗り替えるには十分なルックスと、アルミの大口径パイプに負けない高強度がウリのバイクであった。

正直、この美しい異形三角パイプのバイクは喉から手が出る程に欲しかった…
まぁ、当然屁タレなワシに乗れるような性格の代物ではなく、カタログとwebの中の憧れに留まった。

時は流れて2008年、丸石サイクルのランドナー、ロッキー号こと【BALBOA】がワシの手元にやってきて、紆余曲折ありながら時代を超えて復活した。
その課程で様々なパーツの交換を経て走れるようになったのだが、情報収集の為にサンツアーの部品を調べていると…プロワークスCRAFTEDのサンツアーストーリーに辿り着く。

こちらの店主さん、元サンツアーの会社の技術者の方らしく、現在はビルダーとして活躍をされているという。
そして、こちらのホームページを閲覧していると衝撃のフレーム発見!

クラフテッド 2005エアロスペシャル(U型) ロードフレーム

コイツですよコイツ。ww

シートステー&チェーンステー&ダウンチューブにコロンバスの異形のパイプを採用しており、ヘッドはオーバーサイズのアヘッドです。
おまけにロストワックスで製作されたラグが…メシこれで3杯はお代わり可能。
艶めかしいブルーとホワイト、ロゴの配置が絶妙です。

これでKXの亡霊は退散確実。

しかし…ワシはクロモリという素材に拘ってこのバイクに心惹かれる訳ではない。
そういう意味では、クロモリをこよなく愛する人には申し訳ない気持ちにはなるのだが、このシルエットやディテール、そしてグラフィックで絵になるのは、やはり素材によるところも大きい。そこそこ細くて格好いいってのは、必要な要素の一つなのかも知れない。それを叶えてくれるのはスティールなんでしょうか。
まぁ、クラシカルなクロモリバイクを愛する人には、オーバーサイズヘッド&アヘッドに異形パイプなんて邪道なのでしょうね。

いいなぁ。いつかは…そう、心に決めて早3年…

クラフテッド 2005エアロスペシャルU…(改2010年アロエV)
アロエ参号機建造計画は秘密裏のうちに幕を切ったのであった。。。続く
(つか…全然秘密裏じゃねぇってば…)

posted by lantur at 21:49| 埼玉 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 物欲の虜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうせ遊びなんだから、自分の好みだけで良いと思いますよ。
乗りやすい自転車に仕上がると良いですね。
Posted by BENNY at 2010年02月14日 14:02
>紅参
今なら、何となく何でもイケちゃいそうな感じもしないでもないんですよね。
楽しんで乗れるバイクにしようと思います。
ご指導をお願いします。。。。でも、根性論はいやん(笑)
Posted by らんた at 2010年02月14日 20:41
いいですよぉ
魅惑で特盛でつ

眺めてて飽きません(笑)
Posted by LEMOND乗り at 2010年02月14日 20:55
>LEMOND乗りさん
この場合…メシは何膳いけますか?
Posted by らんた at 2010年02月15日 23:41
一升はイケます
Posted by LEMOND乗り at 2010年02月16日 14:29
>LEMOND乗りさん
い…一升っすか?食い過ぎですよww
Posted by らんた at 2010年02月16日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック