2009年12月20日

大人のクリスマス

恒例の大人クリパの季節がやってきた。

特に大きなイベントとする訳でもなく、勝手に集まって暖かいモノをすすり、勝手に飲んで、勝手に寝る。

クリスマスのイベントとしては非常に地味ではあるが、そもそもクリスマスとは縁のない自分勝手なおやぢ達が適当に集まって寂しい夜を語り合おうという怪しい企画である。

一応、汁物と多少腹に詰める事のできる食材は用意するとして、その会場たるや…
広場の東屋がその舞台
当然ながら、吹き晒しの何の遮蔽物もない場所だ。雨が降っても大丈夫というのが最大のウリなのだが、谷を抜ける沢筋を縫った風は周囲の集落よりもなお数度は寒い事だろう。

そんなクソ寒い所へ好き好んで行くおやぢ達…おそらく周囲からは相当怪しく見える事だろう。

朝イチで食材を購入して、日が落ちる前に何とか会場に到着。
山間の午後はそれこそあっという間に太陽は姿を消してしまうので、何とか明るいウチに資材の搬入だけでも済ませてマッタリしたいのだ。

しかし…その時点で既にトンでもなく寒い…花粉症っぽくて鼻水も頭痛もする。これで耐寒訓練なぞしたら、間違いなくホンモノの風邪を引くこと請け負い。
幸いにもお仲間からアレルギー薬をもらって一安心。

そうこうしているうちに、あっという間に夕暮れも端折って闇が訪れる。
おまけに寒さまで連れてきてくれた。防寒アンダーに起毛アウターを羽織ったが、役に立たない。これは困ったとばかりに、すかさず日本酒を燗してぐぐっと一杯。
ようやくこれで身体が動く。

ランタンを灯して準備完了。
これからおやぢが次々と現れるのだww

おやぢ汁やらニセゲタンを作りながら乾きモノを摘む。
寒さも手伝って日本酒やワイン、そして梅酒が面白いように進む。
いやぁ…うめぇ。


して、今日のメインイベント。

ホテイの焼き鳥『業務用缶』1750g

コイツを食べたいという我が儘をいうおやぢがいるので、早速開封して温めてみる。当然だが、この巨大缶詰めをコッヘルに分けてシングルバーナーで温めて食べようなんて無粋な事は致しません。

そう…缶詰を開封したらそのまま七輪の上に乗せて、後は待て…です。

まぁ、中身はこんな感じで普通のホテイの焼き鳥となんら変わりませんが、いつもの缶詰のおよそ30人前のシルエットは、壮観…つか、笑っちゃいます。
しかも…脂ギッシュでなかなか温まらないのですよww

でも、旨さはいつもの通りです。ハハ

そして、クリスマスで忘れてならないのが、ケーキですね。
某…コ○トコ製のアルカンシェル(一説にはレインボーケーキとも言うらしいが…)ケーキを購入致しましたが、おそらく普通の三角のカットされたケーキの20〜30は取れるでしょう…こいつを人数割してぇ…っと。
今年は1/8が割り当てとなりました。

数年前のあのホールケーキ一気食い選手権からしたら、大変美味しく頂くことができして嬉しい次第です。

極寒の東屋の宴は、日付変更線を跨いでもなお続いたのでした…

翌朝は、車のウインドの中が凍結…いやぁビックリ。

参加各員、お疲れ様でした。

posted by lantur at 13:04| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 飽食紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寒い中おつかれさまでした〜!
楽しさと辛さが伝わってきます〜

行きたかったのですが、あまりの寒さで
出動許可が出ませんでした(;_;) 残念です〜
Posted by く〜ま〜 at 2009年12月20日 18:27
また企画がありますから。
そんな期待の持てる催しでもない気もしますが…

単なる耐寒訓練ですよ…爆
Posted by らんた at 2009年12月24日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック