2009年10月25日

マウンテンキャンプin廻り目平 day2

6時…静寂と金峰山から源を発する西股沢の川のせせらぎ…

それ以外の音がしない世界。

CIMG4065

早朝…昨夜の降雨だかミゾレだかも夜半には上がり、気が付けば霧のキャンプ場。
雨はしっとりと下草を濡らしてくれた程度で、朝食も屋外で全く問題なし。

そそくさと朝食後は速やかに撤収。

実に12時間以上の睡眠に我ながら驚く。
夜に懸念していた寒さもさほど厳しくなく、ダブル仕様のシュラフでも十分な睡眠を取ることができた。

 

CIMG4070

お世話になった廻り目平キャンプ場の受付兼山荘である金峰山荘。

今度はリッチにコッチにも泊まってみたいものだ。

 

 

CIMG4071
CIMG4073

見渡せば、こんな景色が辺りを囲むこのキャンプ場
ボルダリングの世界では、廻り目平を含む小川山界隈のこの辺りと言えば有名ところのスポットらしい。
多くのボルダーの方々がクラッシュパッドを背負って林の奥に消えていった。

 

 

CIMG4074

さて、先ずは川上村までの下山。
ここも見事な白樺林で、大変美しい。

新緑時期の白樺林も良いが、落ち葉の季節の白い幹が林立する景色はまた格別なもの。
味わいながらゆっくり下る。

 

 

CIMG4082

途中、川上犬を探しに秋山から下りてみるが断念。
仕方なく三国方面に…梓山地区に入るとやたらと犬の鳴き声が耳につく。
う〜ん川上犬よいずこ?

Yショップで再度休憩してちょいと走ると…
庭先に元気に吠えている柴犬っぽいような雑種のような…犬発見!
きっと彼らだろうと納得して、林道を三国峠方面に…

昨日はダートをゆっくり上がったが、今日は舗装路である。
しかも、斜度も比較的緩く、ダラダラと登るには最適。

何時の間にやら降り出した霧雨の中をゆっくりと進む。

往路のダウンヒルで味わえなかった落ち葉の道を呼吸のリズムに合わせてのんびりと登って行く。

 

 

CIMG4085

梓山から90分…心地よい汗と共に、三国峠到着。
吐く息は白く、3度とか4度とか…昨日よりも間違いなく寒い。
しかも…霧雨だ。

レインウエアを着込んで着ぶくれ状態。
少し暖かく、ホッとする。これで下れる。

 

 

CIMG4086

昨日から比べて、もう少し学びました。

悪路を下る時は、登る時よりももっとタイヤが太さが重要なんだと。

搭載した荷物は20kg弱…背負ったデイバッグが5kg
タイヤ…規定圧まで再度エアを入れても、やっぱりかなり凹んでます。。。

下り…しかもウェットです。
タイヤのサイドクリアランスが大きいマウンテンバイクは、多少の凹凸なんざ、見なかった事にして飛んでいきます。

ワシ…登りで5km/hちょいという速度でも岩のアタリ具合によっては終わってしまうと怖々としていたのに…
黙って10〜15km/hは出ちゃいます。32cです。

ブレーキを目一杯掛けて恐る恐る下ります。

あかさん、ワニガメさんには、雨の中、何度もお待たせししまって大変申し訳ない。

 

CIMG4087

こんなどよ〜んとした天気と景色。
しかも、落ち葉で路面の石が見えない…orz
怖いッス。

しかも荷物満載ww

本当に怖々と下りました。休憩その他を含めて3時間掛かりました…(爆)

 

CIMG4091

途中で唯一あったトラブルらしいトラブルも、何とか乗り切って無事下山。

帰途で野さかで脂を補給して帰宅〜。

 

 

テントと服を洗って干した。
未知の生物が沢山居たよ…ww(爆)

 

ああ…疲れたが、とても良い景色に満足。
これはまた行かねば…!!

 

 

 

 

 

posted by lantur at 23:10| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おや、野さかはこの後だったんですね!

お疲れ様でした〜!!
景色も最高で、楽しそうなのだけど
かなりハードそうですね〜
Posted by く〜ま〜 at 2009年10月26日 00:03
32Cのサスなし自転車で、それもキャンプ道具満載となると中津川林道の下りは本当に厳しかったのではないかと思います。ましてワニガメさんのブログ見ると、かなり大きなザックも背負っていたみたいですし。

でもそれを差し引いてもとても素晴らしいツーリングだったことが伝わって来ます。僕もホントはこういう自転車の楽しみ方をしたいんですがなかなか・・・(^^;

本当に楽しそうで羨ましいです。お疲れさまでした〜!
Posted by yuzito at 2009年10月26日 09:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック