2016年02月21日

「あの花」の舞台に立ってみる

「あの花」こと『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』という秩父を舞台にしたアニメがある。
例の秩父34を回ると、至る所にその看板やらチラシ、幟旗をみるのだ。
何これ?そう思うのは当然で、ソレを知りたくなって当然な流れだろう。。。

と、webで見てみた。

あ…数年前にやっていたアニメだ。

それも目一杯苦手な、涙腺テロな内容のアニメだった。
たぶん、数話見て止めたと思う。

そんなアニメだったが、秩父が舞台だとは知らなかった。
というか興味無かったと言うべきか。

そして、最終話+劇場版を見て…へぇ。秩父いいじゃん。
そう思った。

舞台の多くはネットでその場所が特定されており、検証も簡単だ。

さて、地の利を生かして、小径折りたたみを車載して行ってみよう。

続きを読む
posted by lantur at 10:50| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ボーダーレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする