2011年08月29日

巨大サドルバッグ

直江津集合は、いつもとは違う距離を走ります。

最初の年は、サドルバッグなんてあまり重要視しないで、デイバッグとフロントにモンベルの樽型バッグという出で立ちでした。

ハッキリ言って、大変疲れました。

背負って振られて、ハンドル周りも重い…こりゃ…どげんかせにゃならんww

腰も膝も肩もパリパリでとても走れたものではありませんでした。

翌年から導入したのがトピークのダイナパック。これはなかなかの出来なのですが、シートピラーから後方にかなり張り出しますので、自転車が右に左に揺れまくり。まぁ、数sの重石を自転車の重心とは違う場所でウロウロしているのですから当たり前です。

そしてとうとう禁断のパッケージアイテムを導入。

これがwanigame謹製 「zomushi」ブランドのTankにございます。

昨年ツールド妻有でアロエ号に装着した大型サドルバッグがその原型となっておりまして、様々な改良を経て現在のこのバッグに至ります。

続きを読む
posted by lantur at 07:05| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする